注目の記事はコチラ♪

バリアフリーのリフォームで絶対に施工するべき箇所は?《TOP3》

バリアフリーのリフォームで絶対に施工したほうがいい箇所の1位は階段です。

古い建物だと急な階段が多くて転落する恐れもあり、改装で階段の勾配を緩やかにします。

また玄関なども開き戸から引き違い戸に交換することも多いです。

次に浴室で、転倒やヒートショックなど家の中でも危険が多い場所です。

すべりにくい床へ変更したり段差の解消、手すりの設置などをします。

例えば古い風呂をユニットバスへ変換して、入り口の段差をなくしてフラットする工事などが主です。

他にしたほうがいいのが便所で、これも和式だと足腰への負担がかかり段差もあって危険なこともあります。

改装で洋式トイレへ交換して車いす対応のために建具やスペースを広げたり、手すりを取り付けます。

■レビュー

  1. 外壁リフォームでトラブル発生!?参考にしたい経験者…
  2. 屋根リフォームでトラブル発生!?参考にしたい経験者…
  3. 経験者たちに聞いた!外壁リフォームを決意した出来事…

■コラム

PAGE TOP