注目の記事はコチラ♪

離れ増築でトラブル発生!?参考にしたい経験者の話。

母屋とは別に離れを増築するのは、たくさんの人が考えるアイデアです。

しかし、経験者からはたくさんのトラブルの声も聞こえてきます。

例えば、建物として捉えたときの勘違いがあります。

基本的に同一敷地内には1つの建物だけしか建てられない決まりがありますが、離れはその例外です。

あくまでも付属の建物として法律上では、トイレや台所・浴室のいずれかを欠いていることで付属物とみなされ、2つの建物が建てられるようになります。

知らずに安易に考えていると、トラブルになるのは明白です。

敷地の建ぺい率と容積率も検討材料の1つです。

面積の合計で計算されるため、敷地に設定されている建ぺい率・容積率を計算しなければいけません。

離れの最大の建築面積と延床面積を事前に知っておけば、トラブルになることは少なく安心です。

都市計画の改正等により変化することもあるので、制限値のギリギリや、オーバーしている場合も存在し、注意が必要です。

■レビュー

  1. 外壁リフォームでトラブル発生!?参考にしたい経験者…
  2. 【屋根リフォーム】ケチるべきじゃなかった…。選ばず…
  3. 経験者たちに聞いた!離れ増築を決意した出来事とは?…

■コラム

PAGE TOP