注目の記事はコチラ♪

断熱リフォームは補助金が出る!?その内容や気になる条件を徹底調査!

断熱リフォームの補助金が出る条件は高性能建材で一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる場合です。

これが達成されたかの判定は、断熱リフォーム部分の床面積の割合から早見表で簡単に確認可能でエネルギー計算などは不要です。

これは窓だけの改修でも対象となってます。

対象者は戸建住宅は個人または所有者、所有予定者で、集合住宅は全戸改修なら管理組合の代表者となります。

補助金額ですが、補助対象費用の1/3以内で上限額は戸建てだと120万円、集合住宅は15万円までです。

また、次世代建材もあって室内側からの施工が出来る高断熱パネル・潜熱蓄熱建材・調湿建材等を使うので、住みながら短期間で工事が出来ます。

最低改修率の要件がなく住宅の一部改修でも補助対象となります。

■レビュー

  1. 経験者たちに聞いた!外壁リフォームを決意した出来事…
  2. 【屋根リフォーム】ケチるべきじゃなかった…。選ばず…
  3. 屋根リフォームでトラブル発生!?参考にしたい経験者…

■コラム

SQLSTATE[HY000]: General error: 1 no such table: Link
PAGE TOP