注目の記事はコチラ♪

【屋根リフォーム】ケチるべきじゃなかった…。選ばず後悔した”屋根材”とは?

現在の屋根リフォームでは、従来トタンと呼ばれた鉄の合金にアルミニウムと亜鉛にシリコンやケイ素を配合した金属メッキ加工を施したガルバリウム鋼板が人気となっており、ガルバリウムの屋根材は金属メッキ加工が施されているので錆び難いだけでなく非常に軽量であることから住宅の駆体と家計への負担が軽いメリットがあります。

しかし、ガルバリウム鋼板は非常に薄いので衝撃に非常に弱く温度による変形などのトラブルが多く、瓦やカラーベストに比べて短期間の定期的なメンテナンスが必要不可欠で予想外にランニングコストがかかるデメリットがある屋根材です。

また、非常に薄い鋼板なので瓦のような断熱性能や雨音を遮る遮音性能が全くないデメリットもあり、ケチらず最低限石などを吹き付けている遮音性のあるガルバリウム鋼板をえらぶべきです。

■レビュー

  1. 経験者たちに聞いた!外壁リフォームを決意した出来事…
  2. 【屋根リフォーム】ケチるべきじゃなかった…。選ばず…
  3. 外壁リフォームでトラブル発生!?参考にしたい経験者…

■コラム

PAGE TOP