注目の記事はコチラ♪

カバー工法とは?具体的な機能や導入後のメリット・デメリットを解説!

カバー工法は、既存の屋根や外壁及びサッシを覆うように新しい建材を施行するリフォーム工法であり、既存の屋根や外壁などを撤去することなく施工するので施工費用が低予算で済むだけでなく施工期間が短く済む点が大きなメリットです。

屋根は、雨漏りの原因を発見することが非常に難しく何度も検査と補修を繰り返した挙句雨漏りを止めることができないことも少なく、既存の屋根を丸ごと包み込んでしまうカバー工法は一発で雨漏りを止めるメリットもある工法です。

カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根を載せるので重量が重くなり耐震性が低下するデメリットに加え、既存の火災保険では原状回復を目的としているので契約時にはなかった箇所への火災保険の適応が難しいデメリットがあります。

■レビュー

  1. 【屋根リフォーム】ケチるべきじゃなかった…。選ばず…
  2. 経験者たちに聞いた!外壁リフォームを決意した出来事…
  3. 経験者たちに聞いた!離れ増築を決意した出来事とは?…

■コラム

PAGE TOP